30日でマスターするピアノ教本 第1弾

30日でマスターするピアノ教本第1弾の内容

30日でマスターするピアノ教本の第1弾はどんな内容になっているのか確認してみましょう。

 

第1弾のポイントは「ピアノ演奏の基礎」が登場するところ。

 

まったくの初心者の方を対象としているので、楽譜の読み方や指の使い方、曲のリズムの取り方などを中心にまずは学んでいき、収録曲2つを弾けるようになるのが内容になっています。

 

30日でマスターするピアノ教本第1弾の内容

レッスン1:講師の海の先生からのご挨拶
レッスン2:左手と右手の決まりごと、黒い鍵盤のお話
レッスン3:楽しく手拍子。リズムって?
レッスン4:指の使い方を学ぼう
レッスン5:和音を使って両手で弾いてみよう
レッスン6:スキップのリズムと休符について
レッスン7:ベートーヴェンの第九を弾いてみよう
レッスン8:タイって?とっても便利な記号の話
レッスン9:ホルストの惑星より「ジュピター」を弾いてみよう
レッスン10:五線に収まりきらない音が出てきたら?

 

収録曲:ベートーヴェン作曲…「第九 歓びの歌」、ホルスト作曲・・「組曲惑星より ジュピター」
(収録曲は変更する場合もございます)

 

本だけではイマイチ理解できない楽譜の意味や記号も映像と一緒に確認することで頭だけでなく体でリズムと取りながら覚えることができますよ。

 

第1弾の内容で音楽の基礎知識についてはほぼマスターすることができますから、この教材をクリアできればピアノ入門者を卒業できるでしょう。

 

 

ちなみに、レッスンで使用する楽譜はドレミと指使いがすべて書いてあるので、楽譜が読めなくても問題なく弾くことができます。

 

また、マスターしたかどうかをチェックするために、白い楽譜も用意してありますから、どのくらい理解できているのかを確かめることもできますよ。

 

DVDの収録時間は約2時間となっていますが、4つのセクションに分かれているので、1週間で30分の時間を取ることができればしっかり学ぶことができますし、内容自体は難しくないですから30日もかからないうちに第2弾へと進むことができるかもしれません。

 

どんどん理解できてきて、ピアノが弾けるようになってくると楽しくなりますし、楽しくピアノが弾ければ上達も早くなりますから30日でマスターするピアノ教本第1弾にまずは取り組んでみてください。

 

DVDの映像だけでなく教材は教科書というよりは絵本を読むような感覚で読めるので理解するのも早いと思います。

 

イメージを浮かべながら簡単に覚えていっていきましょうね。

page top