ピアノ ボケ防止になるか

ピアノはボケ防止になるか?

ピアノ ボケ防止になるか

 

ピアノは子供にさせたい習い事で常に上位にランクインしていますが、最近は大人が趣味として、特に高齢者に人気が高まっています。高齢者に人気が高まっている理由としてはボケ防止にいいとされているから。ピアノがボケ防止にいいということは良くテレビなどで耳にしますが、本当にそうなのでしょうか。

 

これに関しては実際にボケ防止に効果があると言われていて、因果関係も証明されていると脳科学者の澤口俊之先生も「ホンマでっか!TV」で話していましたね。

 

細かいことを気になるのなら論文や関連書籍を読むのがいいと思いますが、簡単に説明しておくとピアノを弾くことがボケ防止にいいとされているのは両手を同時に使ったり素早く動かしたりする運動をしていることや、普段使わない指を動かすなど脳に対していろんな刺激を与えてくれるからというのが大きく関係しているようです。

 

もっと言えば耳から音の情報を処理したり目で楽譜を先読みしたりいろんな感覚を使っているのも大きな役割を果たしているようですね。

 

ピアノはボケ防止になるというのは本当のようですので、高齢者の方の趣味として人気になっているのは納得できるところかもしれません。ボケてしまって周りに迷惑をかけたくない高齢者の方も増えてきていますし、ピアノを弾くことは認知症の予防につながるいい方法かもしれませんね。

高齢者でもピアノが弾けるようになるの?

ピアノが高齢者のボケ防止に効果があるということは脳に良い影響を与えるので本当だということはわかりましたが、そもそも高齢者になってピアノが弾けるようになるということはあるのでしょうか。

 

ピアノがボケ防止になると言っても、いつまで経っても弾けるようにならないことをずっと続けるのは大変ですよね。それにいまさらピアノ教室に通うのも気が引けるという方もいると思います。

 

そんな中で高齢者の方に大人気のピアノ教材があるのはご存知ですか?それが30日でマスターするピアノ教本というものなのですが、こちらの教材はピアノ教室で学ぶような内容をDVD講座で学ぶことができる教材になっています。DVDで動画を観ながらピアノの練習をすることができるのでピアノ教室に通わないで自宅で学べることはもちろん、繰り返し動画を観ながら練習することができるので自分のペースでピアノを学ぶことができるのですね。

 

だから、周りのことは気にしないでゆっくりとピアノを練習することができますし、実際にこの教材を使ってピアノを習っている人は60代や70代など高齢者の方が多いのですよ。詳しくは30日でマスターするピアノ教本に実際にレッスンを体験した高齢者の方の感想を確認してもらえればと思いますが、ボケ防止に取り組んでいるという人も結構多いです。

 

ボケ防止でピアノを始めたはずが実際にピアノが弾けるようになって新しい趣味ができたということになれば人生はより充実していきますし、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

>>30日でマスターするピアノ教本の体験談!高齢者の人気の秘密とは?

 

page top