ピアノ 薬指が動かない

ピアノで薬指が動かないのは仕方がない事

ピアノ初心者の方がつまづくポイントはいくつかあるのですが、その中でももっとも厄介なのが薬指。この薬指が思ったように動かせないことをきっかけに「ピアノなんてやめた!」という気持ちになってしまう人も結構います。

 

確かに薬指が思うように動かせないでイライラするのは他のピアノのイライラとは違ったものがあります。

 

例えば楽譜が読めない、リズムがとれないというのと薬指が動かないのは悩みの根本が違っている感じがして、頑張ってもどうにもならないような感覚になってしまうのですよね。

 

けれども、まず知っておいて欲しいのは「薬指が思ったように動かせないのはある種仕方がない」ことであるという事。

 

仕方がないというのはそもそも「小指と薬指の神経はくっついている部分が多い」からで、脳が信号を送ると一緒に動いてしまうのは実は普通のことなのですね。

 

なので、必要以上に気にすることはありません。ピアノでなくてもテーブルの上に指を5本広げてみて、薬指だけ持ち上げてみようとしても思ったように指が上がったり、動くことはないでしょう。

 

テーブルの上でそういった状態ならピアノを弾くときも当然薬指が思うように動かないのも納得できるはずです。

 

けれども、ピアノが弾ける人は薬指を独立して自由に動かすことができますよね。これには大きく2つの理由があるのですよ。

薬指を自由に動かすための2つのポイント

薬指を自由に動かすためには2つのポイントがあるのですが、1つは「薬指を動かす感覚を身に着ける」こと。

 

先ほどテーブルの上に指を付けて薬指だけ動かすと思ったように指が上がらないということを書きましたし、実際にやってみると難しかったと思いますが、今度は親指だけテーブルにつけて他の指を全部上げてみてください。

 

それから薬指だけ振り落としてみると動かすことができますよね?しかも「トンッ」と音が鳴るくらい強く。

 

この感覚を身に着けることで薬指を自由に動かすとまでいかなくてもピアノを弾く分には困らないくらいには薬指を使えるようになっていきますよ。

 

慣れてきたら今度は親指と人差し指を付けて同じように鳴らしてみる、今度は中指も…というようにだんだレベルをあげてみてくださいね。最終的に薬指以外全部の指を付けても音が鳴るくらいまで動かせるようになることを目標にしてみましょう。

 

これだけでもピアノを弾くのなら問題はありませんが、そこからさらに綺麗に音が出るように弾きたいのであれば、「ピアノで指のトレーニング」をしてください。これがもう1つのポイントになります。

 

やはり練習しないと上達することはないので、ピアノにたくさん触れて薬指が動かせるような状態にしていくことが大事になりますよ。

 

その時に大事なのが「ただ練習するのではなく、何を鍛えるための練習なのか」をしっかりと意識すること。ピアノの指トレーニングをすう楽譜を見てみると「4」の指を鍛える練習などのようにこの練習は何を鍛える練習なのかということがちゃんと書かれています。

 

ただ何となく練習するのと目的や意識を持って練習するのとでは結果が全く違ってきますから、しっかりと目的意識を持って練習に取り組んでみてください。

 

ピアノの指のトレーニングの練習としては代表的なものを挙げるとハノンが有名ですが、このサイトでも紹介している30日でマスターするピアノ教本では教本とは別に「指をスラスラ動かすための練習曲集」というものもあります。

 

「指をスラスラ動かすための練習曲集」は薬指を動かせない人に向けた練習の他にも、和音の練習やアルペジオ、跳躍の練習などもできるのでぜひ取り組んでみてください。

 

この基本ができると本当にピアノが楽しくなりますよ!

 

薬指が動かないのはピアノ初心者にとっては最初はかなり大変だと思いますが、練習すれば必ず動かせるようになりますから、根気強く練習してみてくださいね。

page top