30日でマスターするピアノ教本 内容

30日でマスターするピアノ教本の内容ってどんなの?

30日でマスターするピアノ教本 内容

 

30日でマスターするピアノ教本で練習をするとどうして初心者でもピアノが弾けるようになるのでしょうか。

 

気になる内容について簡単に確認していきましょう。

 

まず最大の特長と言えるのは「そもそも楽譜が読めません」という方でも上達するというところ

 

楽譜を読もうとするとどうしても時間がかかりますし、ある程度ピアノに触れて慣れないとパッと見て楽譜を読むことは難しいです。

 

30日でマスターするピアノ教本では知ってる曲を活用することで感覚でリズムを感じることができるようになっているから、感覚で楽譜を覚えることができるのですよ。

 

この教材の優れているところは「やりながら学習できるところ」にあります。

 

ピアノ初心者だと「ピアノや楽譜の知識がないと弾けない…」と思いがちですが、実際はそんなことありません。

 

とにかくまずはピアノに触れることでどんどん上達していきますし、フォームなどの基本は後からでも身に着けていくことができます。

 

イメージとしては水泳と同じですよ。

 

陸上で泳ぎ方を練習するよりも実際にプールの水に潜ってなんとなくでも泳ぎ始めた方が早く上達しますよね。

 

それと同じようなことが言えるので楽譜が読めなくてもピアノは弾けます。

基礎から表現まで学べる!

30日でマスターするピアノ教本では基礎的な部分を学ぶこともできますし、それだけでなくどうやったら上手に表現できるのかも説明してくれています。

 

ピアノはただ弾くだけでは音楽にはなりません。

 

そこみ表現を加えることで音楽として多くの人に聴かせることができるのですね。

 

どうしたらカッコよくピアノが弾けるようになるのかが知りたい方にとってはかなり重宝する教材となりますよ。

 

30日でマスターするピアノ教本に実際に取り組んでみるとわかりますが、なぜピアノが上達するのかを肌で感じることができます。

 

その一番の理由は「成長を感じることができる点」にあります。

 

教材通りに進めていけばコツコツ前に進むことができますし、DVDでレッスンが進んでいくので自分のペースで自分のリズムで進めることができるのですね。

 

そうすると、自分の頑張りがすべて成長につながっているような感覚になれるので、上達も早くなった感じがしますよ。

 

これはピアノ教室に通ってレッスンするのでは味わえない「30日でマスターするピアノ教本ならではの感覚」ですから、これからピアノを始めたいと思っているかたにはぜひ味わってほしいですね。

 

30日でマスターするピアノ教本でピアノを始めるのはもちろん、過去に挫折した経験がある方はチャレンジしてみてください。

 

 

>>30日でマスターするピアノ教本公式サイトはコチラ

page top