ピアノ 初心者 大人

ピアノ初心者の大人の悩みは大きな問題ではない!

ピアノ 初心者 大人

ピアノ初心者でも大人と子供ではその悩みは違います。

 

子供の場合は「ピアノ教室に行きたくない」などが悩みとなりますが、大人の場合は「今さらピアノに取り組んで果たして弾けるようになるのだろうか?」という悩みが多いです。

 

この時点で大きな違いがありますよね。

 

子供の場合は少なくともピアノに触れる環境がもうありますが、大人の場合はそれ以前の問題で、ピアノに触れることすら躊躇しています。

 

大人になると経験があるのでいろんなことが予測できる分、余計な分析をしてしまうのですね。

 

その一方で子供はとりあえずやってみるということからはあまり逃げません。逃げたとしても親や先生などに説得されて嫌々でもチャレンジはします。

 

チャレンジする子供はその中で「意外と楽しいかも!」「やっぱり練習が面倒…」など次の段階へ進みますが、大人はチャレンジする以前の問題で悩んでいるので、そういった経験すらすることができません。

 

その時点ですごく勿体ないことをしていると思います。

 

ピアノが弾けるようになるかどうかはやってみないとわかりません。これは大人だろうと子供だろうと変わらないことです。

 

確かに、吸収力があり柔軟性もあるので、上達するのは子供の方が早いでしょう。

 

ですが、だからといって大人になってからピアノを始めても弾けないとはなりませんし、子供より時間がかかっても少しずつ弾けるようにはなります。

 

子供よりも時間はかかるかもしれませんが、チャレンジしていくことでだんだんと弾けるようにはなっていきますよ。しっかりと練習をすれば。

 

ですから、「楽譜が読めないしなー」とか「音楽の知識はないし学校の成績も悪かった」とか「指が動かないんじゃないの?」とか、そういった悩みは正直どうでもいいです。

 

まずは「チャレンジしてみること」がすべて。

 

挑戦してみなければ、ピアノがどのくらい難しいものなのかわかりませんし、自分にとっては思ったよりも簡単だったなんてこともあるかもしれません。

 

それぞれ体験してきたことが違いますから、「あの時のこの経験がピアノを弾く上で生きている!」ということもない話ではありませんよ。

 

「ピアノ=難しい」という先入観をまずは捨てて、とりあえずチャレンジしてみるということにまずは意識を持って行ってください。

 

その上で判断をしてみればいいのです。

 

もし、子供のころからピアノに憧れていたり興味を持っていたけど、触れてこなかったという方がいるのなら、興味があるのに挑戦しないのはもったいないですよ。

 

悩む前に行動してみる」という子供のような気持ちを取り戻してみてください。

 

 

>>30日でマスターするピアノ教本で本気になる!

page top