ピアノ ブランク 取り戻す

ピアノのブランクを取り戻す上で大事なこと

「子供の頃にピアノを弾いていたけど、大人になってからは弾くのをやめてしまった」という方はたくさんいますが、もう一度ピアノを弾いてみたい!と思っている方も増えてきていますね。

 

ピアノをやめるきっかけは受験だったり、社会人になって仕事を始めたり、家事や子育てに忙しくなったり、ピアノよりも大事なことができてしまってやめてしまうということがあります。

 

けれども、受験が終わったり、仕事をやめたり、子育てが終わったりすることをきっかけに再びピアノを弾きたいと思っている方もいるでしょう。でもブランクがあると昔のように弾けるか不安という方もありますよね。どのくらい練習してきたのかにもよりますが、ブランクがあるとなかなか昔のように練習することはできません。

 

ブランクを取り戻す上で大事になることがあるのですが、それは今の自分の実力を把握するということ。

 

昔出来たことはいまもそれなりにできるということが言えますが、どのくらいピアノに触れてきたのかによって感覚がよみがえるかどうかは変わってきます。ピアノを弾いていた時の感覚が残っているのなら比較的早くブランクを取り戻すことができるでしょう。

 

まずはピアノに触れてみて今の自分がどのくらい弾けるのかを確かめてみてください。その上で感覚が戻ってくる感じがするのなら、基礎練習や弾きたい楽譜の練習をしてみるといいですよ。

ブランクで感覚が戻らないとき

ピアノに触れてみてブランクを取り戻せる感覚があるのなら問題ないですが、もし感覚が戻らないのならしっかりと学ぶ必要があります。ただ、ピアノ教室に通ってまでブランクを取り戻したいというモチベーションを持っているわけでもないこともありますよね。

 

趣味程度に弾ければいいと思っているのなら、ピアノ教室に通って本格的に習うのはちょっと気が引けるでしょう。

 

そういったときに、おすすめしたいのが通信講座によるピアノの練習。このサイトでも紹介している「30日でマスターするピアノ教本」は自宅でピアノを学ぶことができるので気軽にピアノの練習をすることができるのですね。

 

教室に通ってまでピアノの練習をしたいわけではないという方にはぴったりの練習方法ですし、書店で販売しているような教材とは違ってDVDで弾き方を確認しながら練習することができるので、ただ本を読みながら練習するのよりも効率的に、しかも高い練習効果を期待できますよ。

 

ピアノ教室に通っても自宅で練習しても結局弾くのは自分なので、どうしたら自分がピアノに集中できる環境を整えられるかがブランクを取り戻すカギになります。

 

ピアノのブランクを取り戻したいのなら「30日でマスターするピアノ教本」を活用してみてください。きっとだんだんと感覚がよみがえってくるはずですよ。

page top