ピアノ 爪の長さ

ピアノに爪の長さは関係あるの?

ピアノを弾くときに動かすのは手であり指ですが、指には爪がありますよね。

 

ピアノを弾く場合、爪の長さは演奏に関係してくるのでしょうか。

 

付け爪をしていたり、派手なネイルをしていれば当然邪魔になるとは思いますが、爪の長さが演奏に影響してくるということはあるのでしょうか、意外と気になるかもしれません。

 

爪の長さとピアノの演奏に関してですが、基本的には爪は長すぎない方がいいとされています。

 

ピアニストやピアノの先生を目指している方は爪の手入れは徹底している方が多く、長さに関しても深爪しているくらい短くしている方も珍しくないようです。

 

趣味程度でピアノを弾いている場合でも、爪が必要以上に伸びていると邪魔に感じることもあるので、長さとしては長すぎないようにするのがいいでしょう。

 

ただ、どのくらいの長さだと邪魔に感じるのかは人それぞれ感覚が違ってきますから、自分で気になるようでしたら、爪をしっかりと切ってお手入れするようにした方がいいですね。

 

爪の長さは長すぎなければ、演奏に支障が出ることはありませんから、気になるなら切る、気にならないならそのままにしておくのがいいでしょう。

高いレベルで弾く人はネイルもしない?

ピアノ 爪の長さ

ピアノを弾くために爪の長さはどうしたらいいのかは人によって違ってきますし、邪魔に感じないのならマニキュアをしてもいいかもしれません。

 

ただ、傾向としてはピアノを弾いている方はあまり派手なネイルをしていないですね。

 

ネイルが邪魔に感じる方もいますが、単純にあまりネイルでのおしゃれに興味を持っていない人が多いです。

 

特に子供の頃からピアノを習っていた方ほど、ネイルにあまり興味がない方が多いので、ピアノ習っていた人あるあるかもしれません。

 

また、ピアニストやピアノの先生など高いレベルで演奏できる方はマニキュアをするのも嫌がるみたいです。

 

弾いているときに爪の色が変わっているのが気になるという方やマニキュアを塗ることで指先が重たく感じるという方など、理由は様々ですが指先のおしゃれはあまりしないようですね。

 

これは余談ですが、男性は女性の派手なネイルがあまり好きではない方が多いので、ピアノを弾いている方は男性受けがいいかもしれませんよ。

 

男性と女性とではかわいいと思う感性が違っているのが良くわかるのが爪だったりしますし、せっかくピアノを練習していきたいと思っているのなら、この機会にマニキュアをやめてみると思わぬいいことが起きるかもしれませんね。

 

いつもネイルをしていたのに、急にやめたことで声をかけられるなんてことも…?

 

 

30日でマスターするピアノ教本で本当にピアノは弾けるようになるの?

page top